矯正歯科専門“内山のりよ矯正歯科医院”歯を動かす装置の種類は、セラミック・リンガル・金属製などがあります。 
コンテンツ
当院のコンセプト
スプリント治療
院長プロフィール
医院紹介
治療の流れ
装置の種類
治療例
治療費用
お問い合わせ
患者さんの声
トップページへ
内山のりよ矯正歯科医院 院長ブログ
プライバシーポリシー


顎口腔機能診断施設
 基準適合医療機関
指定自立支援医療機関
内山のりよ矯正歯科医院
〒850-0852
長崎市万屋町3-16-2F
TEL.095-811-5477
FAX.095-811-5478
info@noriyo-smile.com

装置の種類
歯を動かす装置  

歯並びとかみ合わせを改善するためには、一本一本の歯の表面にブラケットという装置をつけて治療します。これは、かみ合わせを改善するうえで必要不可欠な装置です。歯の表側にブラケットをつける唇側矯正と、裏側につける舌側矯正があります。当院では、装置の選択は患者さんの希望で決まり、両者による治療結果や治療期間に違いはありません。いずれの装置も、最初は発音や違和感、咀嚼しにくいなどの問題がありますが、しばらくすると慣れますのでご安心下さい。


歯の裏側につける装置(裏側矯正、舌側矯正)

舌側矯正装置装着状態
装置写真 装置写真


※ 歯の裏側からの見えない矯正(舌側矯正)について

矯正装置の見た目が気になるために治療をためらっている患者さんには舌側矯正をおすすめします。舌側矯正であれば、表から装置が全く見えないため他人の視線を気にすることなく治療が受けられます。装置の大きさも従来に比べてかなり小さくなり、発音や違和感の問題など殆ど改善されています。さらに、舌側矯正では各々の患者さんの治療後の予測模型(セットアップ模型)を作製した上でオーダーメイドの装置をインダイレクトボンディング法により装着しますので、表側矯正に比べると装置装着における技術的精度は格段に高くなります。矯正装置装着の技術的精度は、矯正の治療期間や治療結果に影響を及ぼす大事な要因の一つです。その他、歯の裏側は唾液で湿っていることが多く舌側矯正ではむし歯になりにくいなどのメリットもあります。歯の表側からの表側矯正が可能であれば裏側からの舌側矯正も可能で、当院ではどちらの装置を用いても治療結果および治療期間に変わりはありません。



歯の表側につける装置(表側矯正)

表側矯正装置装着状態(セラミック製)
  セラミック装置 セラミック装置 
透明色なため、あまり目立ちません。


表側矯正装置装着状態(金属製)
金属製装置 金属製装置
丈夫で壊れにくく、セラミック製に比べると歯を動かしやすいです。


   保定装置  

歯を動かし終えた後は、しばらくのあいだ保定します。このために使用する装置を保定装置といいます。

保定装置
保定装置(取り外しタイプ)
  このページのトップへ▲